個別受注生産のための「見える化」のしくみ
生産スケジューラ・工程管理・実績管理・進捗管理・原価管理・購買管理・在庫管理

DIRECTOR6

生産スケジューラ/工程管理システム「DIRECTOR6」なら

進捗が見える! 進捗が見える!

誰もが、リアルタイムに進捗、遅れ、問題を把握できる進捗管理機能

作業指示・実績進捗ビュー 製造現場の状況に応じた複数の実績入力形態
製造現場の実態に則した多彩な実績データの収集 NC工作機械から加工の作業実績進捗を自動収集
ベースライン計画・最新計画・実績を対比して進捗把握

何がどこまで進んでいて、何が遅れている、何を今行うべきかなど、進捗の見える化個別受注生産においては最も重要です。

DIRECTOR6の進捗管理機能は、個別受注生産における『作業の進捗の見える化』を支援します。

作業指示・実績進捗ビュー

オーダ別タブ、所属・機械別タブ、所属・作業者別タブ、外注別タブ毎に、作業指示・実績進捗の状況を切り替え表示する作業指示・実績進捗ビューにより、作業者、工程管理者、工場管理者の誰もが製造現場の現場の作業実績進捗状況や資材、外注の発注入荷状況をひとめで確認することができます。

また、ひとつの作業に対しても、ドリルダウンして詳細の実績進捗状況を確認することが可能です。全てのオーダ、部品、作業は下記の4つの進捗ステータスで管理され、信号表示が行われます。

4つの進捗ステータスによる信号表示


4つの進捗ステータスによる信号表示

4つの進捗ステータスによる信号表示

オーダ別・部品別作業指示・実績進捗ビュー

オーダ別・部品別作業指示・実績進捗ビュー

オーダ別・部品別に作業指示の状況、実績進捗の状況が表示されます。 各オーダ、部品の各作業が現在どんな状況にあるのかを容易に確認することができます。

所属別・機械別作業指示・実績進捗ビュー

所属別・機械別作業指示・実績進捗ビュー

所属・機械ごとの作業指示の状況、実績進捗の状況が表示されます。

所属別・作業者別作業指示・実績進捗ビュー

所属別・作業者別作業指示・実績進捗ビュー

所属・作業者ごとの作業指示の状況、実績進捗の状況が表示されます。

作業指示・実績進捗ビュー

作業指示・実績進捗ビュー

作業を選択すると、その作業の明細情報の参照、全ての前工程の進捗状況の参照、資材の発注、入荷状況の参照などの確認ができます。

また、工程計画で入力された作業の注意点などの計画メモの参照や実績入力時に設定されたメモの参照も可能です。

作業指示・実績進捗ビュー

その作業が、どの機械で、どの作業者が、どういう実績明細作業を行ったかをドリルダウンしてガントチャート形式で参照することが可能です。

作業指示・実績進捗ビュー

作業を選択し、その作業を中心にして、前後の作業がどういう進捗状況にあるかを問合せることが可能です。

作業の問合せは、トップオーダ内での全ての前後作業状況問合せ、オーダ内での全ての前後作業状況問合せ、部品内での全ての前後作業状況問合せ基本工区内での全ての前後作業状況問合せが可能です。

製造現場の状況に応じた複数の実績入力形態

設計やNCプログラムなどのPCを常時使用している職場や、加工、組立などの製造現場 など、それぞれの製造現場の状況に合わせて、実績入力の形態を選択することが可能です。

作業指示一覧画面から作業を選択してからマウス、キーボードで入力するモード、作業指示票とバーコードによる入力モード、日報形式での入力モードなど、製造現場の状況に応じての使い分け可能ないろいろな実績入力形態を用意し、現場における作業進捗実績情報をスムーズに収集可能にします。

また、NC工作機械など、無人運転が中心の職場においては、作業者に入力の負担をかけずに、NC工作機械から自動的に実績収集することも可能です。

作業実績の入力

作業実績の入力

作業実績の入力画面では、有人機械作業、無人機械作業、有人人作業、間接作業、外部調達作業など作業区分に応じて入力画面を別々に用意しています。

また、アイコンによる操作の誘導、作業の進捗状況に応じて操作できるボタンも変化させるなど、間違いのない入力をサポートします。

アイコンによるサポート
アイコンによるサポート


バーコードによる入力

作業指示票とバーコードによる入力の場合、バーコードを使用して全ての操作を行うことが可能です。


作業日報

作業日報形式の入力では、作業者がその日に作業した内容を順に登録していきます。

帰宅時間の入力、時間内・時間外工数の自動計算表示、入力間違いの実績時間・工数を後から日報形式で修正するなども可能です。

製造現場の実態に則した多彩な実績データの収集

実績明細の入力
  • タスクレベルでの実績明細の入力
  • 作業がなぜ発生したかの発生区分の入力
  • ひとつの作業に対する複数作業者での同時実績明細の入力
  • より詳細な原価データをつかむための有償・無償区分やユーザ設変NO.社内設変NO.の入力

などにより細かい実績工数の収集も行うことが可能です。


現場側で直接実績入力可能

計画に無い現場側で突発で発生する計画外の作業も、現場側で直接実績入力することが可能です。


不具合処置

不具合の発生時には、不良理由、不具合原因発生所属、不具合内容、不具合処置内容、不具合処置工数を入力することが可能です。


会議や清掃などの間接作業の入力

オーダに紐つかない会議や清掃などの間接作業の入力も可能です。


作業者の実績

作業者の実績は指定日別のガントチャート形式で都度、確認修正が可能です。実績工数は、時間内工数・時間外工数が自動計算表示されます。

帰宅時間の入力、実績メモ入力、作業者による日報の確定チェックなど多彩な機能で実績進捗収集をサポートします。


機械の実績

担当する機械の実績を作業者が指定日別のガントチャート形式で都度、確認修正することが可能です。実績工数は、時間内工数・時間外工数が自動計算表示されます。


NC工作機械から加工の作業実績進捗を自動収集

NC工作機械など、無人運転が中心の職場においては、作業者に、実績入力の負担をかけずに、NC工作機械から自動に実績収集することが可能です。DNC運転されているNC工作機械であれば、メーカ、年式を問わず、自動で実績進捗を収集します。詳細は、MC-Web CONTROLLERを参照ください。

ベースライン計画・最新計画・実績を対比して進捗把握

計画実績対比ガントチャートビューワは、ベースライン計画(基準計画として登録した日程)・最新の計画(現在スケジュールされている最新日程)・実績(実際に作業された日程)を対比してオーダ別ガントチャートに表示します。

それぞれのオーダが、ベースライン計画に対してどのように作業されたのか、最新計画では、どのような日程になるのかなど、進捗状況をビジュアルに比較することができます。

資源別ガントチャートでは、各作業が、どの機械、どの作業者で作業が実際に行われたか、今後、どの機械、どの作業者でどういう日程で作業が行われる予定かをビューワで、誰もが確認することができます。

ビューワは、スケジューラのガントチャート、負荷グラフと同じ機能を全て使用することができるため、多次元で進捗状況を参照することが可能です。

※ビューワでは、スケジューリング結果の編集は行うことのみできません。

プロジェクト管理型のトップオーダ・オーダ・部品・基本工区・作業工程での5階層型オーダ別ガントチャートビューワ

サマリバー

オーダ別のベースラインでのサマリバーと計画のサマリーバーを比較してして表示することにより、ベースラインに対して最新の計画がどのような日程になっているかを比較することができます。また、サマリーバーの中は、基本工区別に日程が色分け表示され、実績での日程部分は、ハッチングされて表示されます。


サマリバー

オーダ別のベースラインでのサマリバーと計画のサマリーバーを、トップオーダ、オーダ、構成部品レベルでそれぞれサマリーバー表示することができます。各レベルでも、ベースラインに対して最新の計画がどのようになっているかを比較することができます。また、各サマリーバーの中も、基本工区別に日程が色分け表示され、実績での日程部分は、ハッチングされて表示されます。


作業工程レベル

スケジューラと同じガントチャート機能を使用可能なため、サマリーレベルから作業工程レベルへ瞬時にドリルダウンが可能です。作業工程レベルまで展開表示した場合には、ベースライン計画バー、最新計画バー、実績バーと3つの作業バーを対比して表示します。

オーダ別、資源別のドッキングガントチャート

オーダ別、資源別のドッキングガントチャート

オーダ別、資源別のドッキングガントチャートでは、 オーダ別ガントチャートと資源別ガントチャート及び作業別詳細情報を同時にひとつのウインドウに表示します。この3つの間では、同一作業間で交互に自由にジャンプすることが可能です。

所属別・資源別(機械別、作業者別)負荷山積グラフ、負荷集計チャート

所属別・資源別負荷山積グラフ、負荷集計チャート

負荷山積みグラフでは、過去においては、実績での時系列でのグラフ、日別・週別・月別の棒グラフ、日別・週別・月別の負荷集計表を、未来においては、最新計画での時系列でのグラフ、日別・週別・月別の棒グラフ、日別・週別・月別の負荷集計表を表示することができます。

DIRECTOR6についてのお問い合わせ・資料請求はこちら
お問い合わせ資料請求